2009年09月27日

英会話もまず日課に

最近英語の勉強を始めようと思って、まずその最初の段階として、押入れの中にしまい込んであるこれまでに購入した英会話教材を引っ張り出して、レッスン1から地道に毎日こなして行こう…ということ考えています。

それに加えて、海外のドラマや映画のDVDを借りてきたときも、日本語の吹き替えで見ることはせず、字幕で見るようにしよう…というように思っています。私は以前は、単語をまず全部覚えてから、文法などの勉強しよう…ということをやって挫折したことがありますので、やはり身近な生活の中で英語を取り入れていくことを考えなければ、なかなか英語を学んでいるということの実用性も感じることができないので、今回はちょっと勉強の方法を変えてみようかというように思っています。

やはり日々英語に触れているということが重要かと思いますので、スピードラーニングなどの聞き流すだけで良い英会話教材や、子供向けのやさしい英会話を何度も繰り返しで再生してくれるCDなどで、まずは基礎的な部分からしっかりと英語について慣れて行こうというように考えています。

何事でもそうだと思うのですけども、日常の中で日課になっていない限りはやはり簡単にそれが三日坊主になってしまうものですので、何かをやろうと思ってスタートするときは、必ず三日坊主にならないように自分の体に習慣づけていくことを考える必要がありますよね。

私はこれまでいろいろな習い事してきましたけども、やはりその中でこれまで続いている習い事というのは、実際に自分が楽しいと思っていて、実際にその学んだことを披露する場面がある…というようなものが、続いているので、そういう意味では全く披露する場面がない勉強を続けるということは、やはり厳しいものだな…というように思います。

そういう意味では、英語の勉強についてはドラマのDVDなどを、字幕なしで聴き取れるようになればものすごく楽しいと思いますので、そういう意味では、楽しさをもって望めば英語の勉強も継続していけるかな…などと思っています。
posted by れいな at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。